株式会社セレブリック(福山善幸)のミネルバ(Minerva)が人気の理由とは!

初心者も挑戦できるネットビジネス

未分類

文字起こしというネットビジネスの特長

投稿日:

多くの企業では、セミナーや講演などを開催しています。ただ開催したセミナーで何が話されたかは、随時記録しなければなりません。文字媒体にする必要がある訳ですが、それに関する文字起こしというネットビジネスがあります。わざわざカセットテープなどを送付する事はなく、WEBだけでやり取りできます。

文字起こしとはどのような仕事か

講演やセミナーなどは、話された内容の草稿を作っておく必要があります。国会でも文字起こしされているでしょう。速記担当の人物がいて、話された内容も全て文字媒体にしている訳です。
ですが講演やセミナーの開催者は、文字に起こすのは慣れていない事があります。そもそも話した内容を全て文字に起こすのは、かなり時間がかかります。文字起こしの他にも色々やるべき業務がありますし、外部の方に依頼したいと思っている企業も多いです。
冒頭で触れた文字起こしとは、その文字媒体にしていく仕事になります。企業の方から依頼が来ますから、一つ一つの文字を忠実に起こしていく訳です。

文字起こしの作業の具体的な流れ

具体的な方法ですが、まずはクラウドソーシングなどのサイトに登録します。すると文字起こしの仕事が募集されている事があるので、まずは応募します。自己PRなどを行って、発注者と話し合いをして作業をするかどうかを決めます。
作業する事が決まった場合、発注者から音声データが送付されてくるのです。メールやクラウドサービスなどを活用して、データが送られる事が多いです。もちろん音声が収録されていますから、それを耳で聞き取って文字起こししていきます。
文字起こしが一通り完了したら、間違いがないかどうかをもう一度確認します。特に問題なければ発注者に文字データを納品して、報酬を受け取る流れになります。
このような流れになる以上、全てインターネットでやり取りできます。このネットビジネスを本業にしている方も多いです。

カセットではなくWEBで作業する

ちなみに以前は、文字起こしとは呼ばれていませんでした。かつてはカセットテープがメインだったので、テープ起こしという表現が主流でしたが、現在では文字起こしと呼ばれることが多いです。
もちろんWEBで作業を行えますから、わざわざオフィスなどに出勤する必要はありません。勤務時間も定められている訳ではありませんし、自分のペースで作業を進める事ができます。
最初の内は、文字起こしするのも若干時間がかかる事もあります。しかしコツを覚えると、比較的スピーディーに作業を完了できるようにあります。

-未分類

Copyright© 初心者も挑戦できるネットビジネス , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.