株式会社セレブリック(福山善幸)のミネルバ(Minerva)が人気の理由とは!

初心者も挑戦できるネットビジネス

未分類

家電せどりの輸送中の故障を防ぐ方法

投稿日:

せどり商品として家電製品を扱う場合、故障に注意する必要があります。仕入れた時点では故障していなくても、発送中に故障してしまう恐れがあるのです。故障したものは返品されてきて、利益を得ることはできなくなってしまいます。それどころか、Amazonなどでは出品者の評価が下がり、今後の活動に影響が出る可能性もあります。
では、発送中の故障を防ぐためにはどうすればよいのでしょうか。

●緩衝材を使用する
緩衝材を使用して発送中の衝撃を抑えます。当たり前のことに感じるかもしれませんが、手間を惜しんでやらない人もいます。
緩衝材は100円ショップ、ホームセンター、インターネットで購入ができます。100円ショップのものはサイズが小さいことがあるので、大量に使うときや大きなものを梱包するときには、ホームセンターで購入をするとよいでしょう。
緩衝材の使用量をケチらずに、しっかりと家電製品を包み込むようにします。テレビやDVDプレーヤーなどのリモコンといったような小さなものも、きちんと緩衝材で包むようにしましょう。

●1つの商品は1つのダンボール箱
AmazonのサービスのFBAを利用している場合、倉庫に預けるために1つのダンボール箱にまとめて商品を積めて送ることがあると思いますが、家電製品の場合はこの方法はおすすめできません。商品の輸送中に箱の中で複数の家電製品がぶつかりあい、故障を起こす心配があります。
本や衣類などは1つのダンボール箱に複数個入れても問題ありませんが、家電製品の場合は1つのダンボール箱には1つの商品を徹底するこ輸送中の故障のリスクを減らせます。

●取扱注意のシールを貼る
取扱注意のシールを貼っておくと、宅配業者の人が気をつけて取り扱ってくれるようになります。
シールにはいくつか種類がありますが、家電製品には「天地無用」「精密機器」「下積み厳禁」などを利用するとよいでしょう。コンビニなどで発送を依頼するときには、お店の人が貼ってくれることがあるし、自分で購入してシールを貼っておくこともできます。
シールを貼っていてもその存在に気がついてもらえないと、丁寧に扱ってもらえない可能性があります。そのため、宅配業者の人の目につきやすい場所に貼るようにしましょう。伝票のそばだと目につきやすいです。

故障による返品はできるだけ避けたいものです。少しの工夫で輸送中の故障のリスクを減らすことができるので、手間がかかってもこういった作業を行うようにするとよいでしょう。

-未分類

Copyright© 初心者も挑戦できるネットビジネス , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.